2006年09月10日

ブレイブストーリー

実は夏休み始まってすぐにちゃっかり観に行ってました(笑)
行って後悔の嵐(爆)
以下映画の感想。酷評なんで気分を害されるかもかも。
ネタバレも有り。以上を理解した方のみどうぞ。


正直つまらなかったです(いきなりかよ)
始まって30分経ったか経たないか位で
「あ、この映画私の年齢で観る映画じゃないな」
という事に気がつき(爆)
そこからはめっちゃ暇な1時間半を過ごしましたよ・・・。
読んだこと無いんだけど原作は良いらしいですね。
つーことは典型的な「映画化して失敗した」ってヤツか。。なんて思ったり^^;
何がダメダメだったかって、ワタルの成長の仕方。
成長って内面的なね。
ワタルは家族を元通りにするために幻界へ行くわけだけど、最初から他人の幸せを踏み台にしてまで願いを叶えたいとは思って無いんだよね。
それが映画の序盤からひしひしと伝わってくるにもかかわらず、映画の後半部分で
「僕は最初は自分の願いを叶える事しか考えてなかった。でもここでみんなと旅をして考えが変わった」
みたいなセリフを言うわけですよ。
え・・君そんな風に考えてたっけ?みたいなね(汗)
つまりワタルの心の成長がうまく描かれてなかったんです(つか皆無に等しかった気が/爆)
ワタルVSワタルの勝負のつけ方も微妙だった。
ぶっちゃけ自分VS自分というシチュエーションならレイアースの光VSノヴァの方がうまくまとまっていたような気がする。
あと謎の少女の正体もあっけなさ過ぎ。
結局この映画は他人の幸せの上に幸せは成り立たない、皆の幸せを願ったときに自分の願いも叶う・・みたいな事を伝えたかったんだなと勝手に解釈致しました(オイオイ)
きっとワタルの成長に重点を置くか戦闘に重点を置くか、、どちらか一方に力を入れればもっともっと良い作品になったと思います。
原作がしっかりしているのならなおさら残念ですね。
余談ですがミツルやってたウエンツ最高でした(笑)
マジ声良いですねvv
途中でストーリーがつまらない事に気づいてからはずっとミツルしか観てませんでした(笑)
ウエンツFANにはたまらない映画だったと思う(笑)
posted by 遊威 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。